AGAの治療と年齢の関係について

AGAは中年以上にならなければ発症しないと思っている人もいるかもしれませんが、実はそうではありません。

もちろん定義としては成人男性に見られる薄毛の症状と言う事になっていますが、現在では発症年齢も低年齢化してきており、30代以上だけでなく10代、20代でも薄毛で悩む人が増えてきています。

現在、AGAの改善法・治療法としては育毛剤やサプリメントを利用する方法だけでなく、それ以外の方法で改善を図る事もできます。

例えば植毛です。

人工毛か自毛を移植する方法で、現時点では最も確実にAGAを改善する事が出来る方法だと言われる事もあります。

また医薬品を利用する方法にも注目が集まっており長期的に服用する事によって高い効果が期待できる薬です。

一般的には病院で処方されるプロペシアが有名ですが、フィンペシアやフィナロイドといった非常に安価で購入することができるジェネリック医薬品にも注目が集まっています。

ただ、AGAで悩む人は10代、20代でも出てきていますが、実際に治療を行う場合は年齢制限が設けられている場合も有り、その人の年齢によっては治療を受ける事が出来ない事もあります。

例えば植毛の場合、手術を行うのに適正年齢と言うのは有りませんが、未成年の場合は保護者の承諾書が必要です。

また、よくよく本当に植毛を必要とする抜け毛なのかどうかも判断する事が出来ない為、未成年の場合は手術を見送られるという事もあります。

また医薬品は高い効果を期待する事が出来ますが、未成年の使用については安全性が確立されていない為、病院での処方はされません。

だから成人にならなければ使用できない薬となっており、未成年の場合は服用する事は出来ません。

さらに医薬品の場合は高齢になるとその薬の効果自体が出にくくなるという事もあるので、その人の年齢によって他の治療法が提案される場合があります。

AGAで悩む人の年齢はそれぞれ違っていますが、現時点ではその年齢によっては選ぶ事が出来ない治療法も有ります。

その場合は他の方法でアプローチし、治療出来る年齢になったら希望する治療法を行うという方法を選ぶ事も可能です。